甘酒って!?

甘酒
甘酒といえばお正月に飲むイメージが強い飲み物ですが、
甘酒の起源には古墳時代に遡るほど
古い飲み物で人気の飲み物です。
甘酒は、点滴とほとんど同じ成分で出来ており、
「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養が豊富に含まれているんです。
また甘酒そのものは江戸時代には夏の風物詩として人気が高く、
夏に飲むことで夏バテを防ぐ目的もあったほどです。
最近ではスーパーやコンビニで手軽に購入できるようにもなりましたね。
そんな栄養満点の甘酒の効果と飲み方のポイントについてご説明します。

甘酒のうれしい6つの効果とは!?

1. 美肌効果
甘酒に多く含まれるビタミンB2を中心とするビタミンB郡は、
肌の機能を活性化する効果があることから
肌を保湿する効果ハリや弾力を取り戻してくれる働きがあります

また、甘酒に含まれる必須アミノ酸肌の乾燥を防いでくれたり
米麹に含まれるコウジ酸には、シミやくすみ・そばかすの原因にもなる
メラニン生成を抑える働きが期待できるとも言われています。
鏡写真
※必須アミノ酸は、エネルギーとして使われるものですが
体内で生成できないため、食べ物などで摂る必要があります。

甘酒は“飲む点滴”と呼ばれていますが、
“飲む美容液”と呼ばれることもある程、
肌に良い効果をもたらしてくれます。


2. 美髪効果
甘酒に含まれる成分にビオチンという成分がありますが、
このビオチンはコラーゲンなどのたんぱく質を作る働きがあります。
これがきれいな髪を作る効果があるわけですが、
甘酒に含まれるコウジ酸にもきれいな髪を作る効果があることから
女性からは重宝されています。
髪写真

3. 栄養補給
飲む点滴と呼ばれる甘酒には、私たちの体に必要な
ブドウ糖・ビタミンB郡・必須アミノ酸などの栄養素が含まれています。
手軽に栄養が補えるので、食欲がない時や
時間がなくて食事が摂れない産後などの栄養補給にも効果的です。
果物写真

4. 疲労回復
甘酒には疲労を回復させる効果があります。
甘酒に含まれるブドウ糖・ビタミンB郡が、疲労回復を手助けしてくれます。
食欲がなく、疲労を感じやすい夏バテの時にもオススメです。
さらにオリゴ糖・食物繊維が腸の善玉菌を増やし
免疫力をアップさせてくれるので、強い体作りにも効果があります。

5. 脂質の代謝促進
甘酒の中に含まれるブドウ糖には血糖値を上げる働きがあることから
満腹感を得やすくする効果があります。
また甘酒に含まれるビタミンB群には脂質の代謝を促進する働き
あることから、脂肪を燃焼させやすくする効果もあります。
 
そして特におすすめされる甘酒が米麹の甘酒で、
この甘酒は100gに含まれるカロリー数は
なんと、わずか81キロカロリーと低カロリーなのです。

6. 便秘を改善
甘酒に豊富に含まれるオリゴ糖・食物繊維が、
腸内環境を整えて排便を促すと言われています。
排便がスムーズにされる事で、
便秘による肌荒れ予防なども期待できます。
また、アルコールが含まれない米麹の甘酒は、
妊婦さんの便秘にも効果的とされています。
便秘
甘酒にも種類がある!?
甘酒というのは大きくわけて2種類あるのをご存じでしょうか。
どちらの甘酒を選ぶかで味はもちろんのこと、役割も変わってきます。

酒粕から作られる甘酒
市販されている甘酒の多くは酒粕から作られた甘酒です。
酒粕に砂糖を加えて作られます。
そのためダイエットには不向きで、アルコールも含まれているので子供は飲むことは出来ません。

米麹から作られる甘酒
一方で米麹から作られた甘酒は、米に米麹を加えて作られます。
砂糖を加えないため、その甘みは麹が引き出したお米の甘みです。
この米麹から作られる甘酒は、飲む点滴とも言われるほど高い栄養価を持つ魔法の飲み物です。

甘酒の飲み方のポイントとは!?

飲む時間を定めて習慣化する
甘酒は飲む時間に決まりはありません。
健康のためにも良いので、
朝食や間食の代わりとして飲むことを習慣化すると良いでしょう。
中でも便秘解消したい方は、
朝の食事を甘酒にして栄養補給をするとより効果的です。

朝の食事を控えめにすることで、消化のエネルギーが排便に使われるので、便秘の方にも良いと言われています。
また、ダイエットに甘酒を摂り入れたい!という方は、食欲を抑えるために食前に飲むと良いでしょう。

1日200ml程度を目安に摂る
1日に飲むのは、カップ1杯程度(約200ml)を目安に摂りましょう。
甘酒は体に良いとはいえ、飲み過ぎるとカロリーを摂り過ぎてしまいます。

1日にたくさん飲むよりも、1日1杯を毎日継続するのが望ましいです。